どんな楽しみ方があるのか知ろう

>

隠したい情報を選択できる

どこまで公開するか考えよう

名前は、最低限でも公開しなければいけません。
ですが住んでいるところなどは非公開にできるので、知られたくなかったら隠してください。
住んでいるところを第三者に把握されると、ストーカーの被害に遭うこともあります。
すべてのユーザーが自分の投稿を見られるように設定していると、個人情報を悪用される可能性が考えられます。

フェイスブックを使っているユーザーの全員が、信頼できる人だと思わないでください。
ごく少数ですが、悪いことに使おうと考えている人も存在します。
個人情報を知られると、犯罪に使用されます。
自分が知らないところで、犯罪に巻き込まれるのは怖いですよね。
忘れないうちに、何の情報を公開するか考えて設定してください。

限定して公開すると安心

フェイスブックを開いただけで、すべての人が自分の投稿を見られるのは怖いと思いませんか。
自分が指定した人にだけ、情報を公開できます。
すると知らない人は自分の投稿を見られないので、個人情報を守ることに繋がります。
知り合いや、フェイスブックを通じて知り合った友人だけに見せてください。
簡単に公開範囲を広げられます。

最初は知り合いも少ないでしょうから、公開範囲を狭くしていいと思います。
知り合いが増えたら、それに伴って少しずつ自範囲を広げましょう。
フェイスブックはたくさんの人と知り合いになれるSNSですが、個人情報を知られる危険性があることを忘れないでください。
意識して使っていれば、しっかり個人情報を守れます。


この記事をシェアする